一人で100歩進むより、100人で1歩進みたい!

業務内容

土地家屋調査士とは?

土地家屋調査士は、土地や建物がある場所やその形状、使用用途など不動産の物理的状況を調査・測量して、図面作成や登記申請手続きなどを行う測量及び表示に関する登記のプロフェッショナルです。

土地家屋調査士の仕事は?

あなたの大切な土地又は建物の地目、地積、種類、構造、床面積などを、調査・測量し、所有者を代理して法務局の土地、建物の『登記簿の表題部』に正確に登記する分野を受け持っているのです。

具体的な土地家屋調査士の仕事は?
1.建物表題登記
☆住宅・アパートを新築したり、建売住宅を購入したとき
2.建物表題変更登記
☆住宅・アパートを増築したり、一部取り壊したとき
☆建物の種類(用途)や、構造を変更したとき、例えば、住宅を店舗にしたり、平家建を2階建にした場合
3.建物滅失登記
☆建物を全部取り壊したとき
4.土地地目変更登記
☆例えば農地(田・畑)を宅地に変更した場合
 (※『農地転用の許可』だけでは、登記薄の地目は変わりません!!)
5.土地面積測量
☆自分の土地の面積を知りたいとき
6.土地境界確定測量
☆自分の土地の境界が分からないとき
7.土地合筆登記
☆所有している土地の地番が幾つもあるので、1つの地番にまとめたいとき
8.土地分筆登記
☆相続や贈与、又は売買などのために1筆の土地を2筆以上に分けたいとき
9.土地地積更正登記
☆登記薄に記載してある面積と実際の面積がちがうとき・・・などです。

不動産登記〈表示に関する登記〉手続きの流れ

手続きの流れ

事務所紹介

紹介こんにちは。
土地家屋調査士 藤田敏夫 事務所です。ウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

私たちは、土地家屋調査士として「境界(杭)を残して悔いを残さず!」をスローガンとし、諫早市の町づくりに貢献していきます。
どうぞご気軽にご相談下さい。